このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

HF Doppler investigation by
HLL Seoul Meteorological Radio


IBP Beacon reception report
* Past Log ( Blogger )

Wind Beneath My Wings in JA
(View Propagation from JA)
【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


View Propagation of 3Y0Z (日本名:飛びます!飛びます! ブーベ3Y0Z)
左の大圏マップは、ブーベ島を中心とし、世界のスキマが捕捉した3Y0Zの信号を表示させたもの(現在は3G9A/MMのマップを表示させています)、右はブーベチームを運ぶ、貨客船ベタンソス号の現在位置です。 大きな図で見るにはこちらから。またはマップをクリックしてください。

2017/01/19 無事出航なされたようです。チームがブーベ島に到着するまでの間のMM運用、3G9A/MMの捕捉状況を付け加えました。
View propagation of 3G9A/MM Where is she now ? ( Garmin tracking )



2018/01/21

【CQ誌を読破する!! 2018年2月号】・・・ YOTA-JAPAN企画 若手の声に耳を傾けよう! 青春よ.空へ!・・・についてのこと

読破する!っても、ご自身がツイッタでその誌面をお漏らししてしまっているので、わざわざ買う必要も無いCQ誌さんなんですけど、






これ、私の子供と同級生な親が「行かせたい」っていうのを、「灘だろうが開成だろうが飛騨のド田舎高校だろうが、その年の東大の入試問題は全員に等しく一緒だから止めろ!」、ってってやめさせた東海高校だ。

いはゆる進学校に行くことの何がダメかっていうと、「おベンキョウのできる子しか居ない」、これがあかんでしょうな。

じつはテストで点取れない子のほうがかしこい子なので、そういうのと一緒くたに雑に居らないと、「青春よ、空へ!」、などという妄言を言い始め、オ●ムなどに行ってしまうので注意です。あそこは早稲田が多いね。


青春時代の醍醐味は、モラトリアムでヘダラな学校生活ですが、・・・ではここで、わたくしも居たこともあるらしい岐阜の三流校、岐阜県立ひだ高校(「ひだ」の「斐」の字が変換できない)、のホムペを見てみます。


斐太高校SGH(Super Global highschool) 活動報告

は? SGHって何? SGなんとかの親戚とか?・・・、

っていうと、

スーパーハイスクールセッションに参加しています

7月2日(日)岐阜大学でスーパーハイスクールセッションが行われました。~(略)~それぞれのグループリーダーに立候補し、他校の生徒さんとの話し合いを、大いに盛り上げていました。3日間のフィールドワーク・準備を経、8月22日(火)にプレゼンテーションを行います。


って、、、



あーあ。

お前ら、食いっぱぐれそうなギダイ(また変換できない、、)の教官連中の寿司ネタにされてるだけじゃんか。仲良くグループセッションしてプレゼンとかアホか。

だいたいがこの文章書いてる教諭の日本語がダメダメでしょうが。 「経」、ってなんだよ? アタマ悪そう。

そのほか英語デベートやコンクール、果ては中学生に教えに行くなどのブラック活動、ノルマが多数、今の世に生まれてなくてよかった!! 危ぶねー。


で、じつはわたしも先日、高山市から派遣されてきた岐阜の建設コンサル(さすがに「大日コンサル」は一発で変換できた)になつかれて、回し蹴りを喰らわせて蹴倒してやったこともありますが、

こういった、老人が自分のイスを確保するためだけの産官学ハゲタカ連携、

最近では、地方創生資金で潤沢な田舎を狙っての、「住民ディスカッションやらせて~地域住民の民意を得られたとして~予算獲得~公共事業に持っていく」系が、とみにひどいです。

そのシステム概念図




しかし天下の大日コンサルも、都市工学や建築科を出た連中が、「合掌作り建築は、屋根を南北に建てるべきか東西なのか?」、すら解らずに、よくも堂々と建設コンサルなんて名乗ってるよねえ。自分で恥づかしくないの?


東海高校無線部のYOTA活動も、こういった今の世相を表していることなんでしょう。噛んでいるのは一見JARLですが、だが実は違う。

そんな老害や宗教連中の餌食にされないように、取り憑かれないように正気を保ち、どうやって凌いでゆくか?、っていうのが、現代日本の若者たちの最重要課題であるわけですが、

まあYOTAにしろSGなんとかにしろ、まったくおぼつかなそうなので安心で居りますが、誰が何に噛んでるか解らない昨今、日本のよい子たちはくれぐれもYOTA活動には関わらないように。

一見、明るくやさしいお兄さんお姉さんは、皆さんを踏み台にして自分の手柄にしたいだけ、利用したいがためだけで親切にしているのですからの。

↑ブログトップページへ

2018/01/20

飛びます!飛びます!! 3Y0Z貨客船ベタンソス号マリタイムモービル・3G9A/MMを作りました

スケジュール遅れていたものの、タグボートに引っ張られて、ついにお目出度く外洋にまろび出た、、マザーシップ・ベタンソス号ですが、



DX WORLDのビデオ見ると、出航する前から、すでにむちゃくちゃに風が強ええ。


これを受けてわたくしも、マリタイムモービルの3G9A/MMの伝搬を追っかけする、View Propagation of 3G9A/MMサイト(日本語名:飛びます!飛びます!!ベタンソス号)を立てました。

http://59925.org/view_3y0z.html

3Y0Z伝搬見るサイトと同じページにあるのですが、




Flexでのオペ練習も兼ねてか、初手からアクティブなようです。

見てたら、当たり前ですがEU、NAは南北パスなので強く行ってますし、実はZLあたりもすぐ近くなので、遠いアジア以外から、良く捕捉されています。

で、あの船は、急場仕立てだからか?、船籍の問題か、海賊に襲われないように(?)、それとも単にボケでスイッチ入れ忘れてるのか?、、、

オートマ識別装置が働いてないんで、しかたない、W8HC局がウデに嵌めてる(?)ガーミン時計の位置情報をブラウザで表示させてキャプチャして上げることにしました。

本尊の飛びます!3Y0Zのほうは、現在、世界の17箇所のIBPビーコン捕捉を描かせてますが、



電波伝搬アート芸術的には、時々刻々と姿を変えてゆく、まるで星座のようで、見る者をして、いつまでも飽きさせません。

これらから解ることは、当たり前ですが遠方へのHF伝搬は、基本的には、どちらかが夕暮れか夜明けかのグレイライン伝搬、

ハイバンドは昼側に飛び、ローバンドは夜側に飛ぶっていうことです。どっち付かずなコウモリバンドの10メガは不明。

双方がグレイラインに乗ったベストの瞬間には、100WにGPでも、地球の半周くらいは軽く飛んでますし、

JAの全員が、どこから飛んでくるのか解らず難儀したVP8Sよりは相当近いですから、伝搬的にはさほど問題は無いと思いますが。


・・・で、


ブーベ・各バンド、K6TUがVOCAPで伝搬予測サイトを拝見しますと、




7メガの、こちらご出勤タイムがベストなようで、朝起きたらおなか痛いひとが続出するでしょう。

↑ブログトップページへ

2018/01/19

CWOPS Mini-CWT(2018年1月第3週)

しかし、熟年ブーベ御一行様、





いまいちおぼついていない事前トレーニング。

氷山がひどいとか、ゆえにルート変更とか、他人事ながら、非常に憂えますね私は。

前回のペディが28年前だったら、全員が28年、歳食ってるわけじゃないですか。しかも暴風の渦巻く中、ヘリで運んで山頂でオペは無謀に過ぎる。

ARRLは、佐藤栄作が指揮権発動で助かりました的超法規的措置で、安全なところでアンカー下ろしたらそこがブーベ、

船から運用でオッケーにすれば良かったのにと今でも思いますが、わたしには何のしようも無いので、いつも通りの水曜日です。

おりしも大寒の時期とて、西海岸は寝ており、Condxはきわめて悪く、ほぼ何も聞こえない状態、

そんな中で、カスカスな局を、どうにかこうにか5QSOできて終わりです。


HP-1Radio(20min.)

今回のお助けマンはW7SW、Scottyおじさんの2バンド2QSOでしたが、もっぱら呼び回りだったオースチン・テキサスのAC4CA局が、このところ、最初からCQ出してくれるので助かります。


==
2018年1月第2週の結果


USリモートでやってたころの、W国内の異常な賑やかさが懐かしいです。これだけつらくなってくると、いよいよBYとUA0を取り込むしか手は無えな。

↑ブログトップページへ

2018/01/18

もはや何が何だかぜんぜん解らないARRLの凸凹てんぷく内紛お家騒動のゆくえについて

大統領は、あなたの土地を盗んだ!!



これベアーズイヤーズって、ユタの問題的ウラン鉱床のあるところらしいですが、係争中にもかかわらず無理クリに奪おうとする土地管理局と、保護する立場の国立公園局の争いらしいです。

そんな就任1年を迎える、お目出度いトランプに毎日振り回され、まるでモグラ叩きのごとく、あちこちで内紛が勃発しているアメリカ合衆国ですが、


内政問題とは言へJAにもARRLメンバーは多数居るはずなのに、なぜかぜんぜん話題になってないが、いよいよ明後日(か?)に迫ったARRL憲法改定住民投票(なのか?) いったい何が始まるんです?状態。

・・・よくわかんないんですけど、土壇場で、さらに揉めてるようです。

USCQのブログにも掲載されてまして、


Update: ARRL Revises Proposed Changes to Articles of Association and By-Laws

これUSCQ、御用新聞のQSTに対抗のつもりか、independent ham radio magazine.って謳ってるけどホントかしら。

この一連の騒動は、大統領選的には、リベラルの聖地カリホルニアが発端だと思うんですけど、上記記事内のリンクではW9のセントラルデヴィジオンもなんか言ってるし、ガバナンスとか理事会とか、むやみに難しい英語なので、では日本語訳させてみますと、


「私が導入している運動は、 『ARRL政策委員会のガバナンス上の』と付則ARRLにあいまいさのかなりの数を排除するであろう。」

、って、余計にわかんないって。


ついに、「会長は我々に対して何かをヒヅンしている」といったバクダン発言もまろび出て、お家騒動なら得意芸な、おれら先進のJARL状態、

そしてついに、

A Note to Members from ARRL President Rick Roderick, K5UR
01/15/2018・・・ARRL


In the last few weeks, the ARRL’s Board of Directors has been the subject of an organized misinformation campaign.

会長さんご自身がお出ましで火消しが、、。これだけ異常に文章が長すぎっていうことは余程です。

で、何か知らんが何かを提案、K5UR会長さんに言わせれば、オーガナイズドミスインフォメーションキャンペーン(?)の首謀者のひとりらしい、ハドソン地区ヂレクタのN2YBBですが、




このひとQRZ.comで自分で書いてますけどアクターなんですな、邦題:あなたに降る夢(1994年)など2~3。

とすると、アメリカ合衆国にたとえると、ロナルド・リーガン(昔は「レーガン」とは言わなかった)、なのかもー。左右が逆っぽいですが。

そして、この出たがりっぽいN2YBBあたりが音頭取ってニューARRLができるかもー。


・・・まあ騒ぎたいひとは無視して俯瞰的に見れば、この凸凹てんぷく騒動の本筋は、


「高齢化とアマチュア無線の衰退でカネも無いよなドシロウト団体、ARRLが、えげつない全米管理組合・HOAの格好の餌食にされ、二進もサッチモ行かなくなってる」

、、だと思いますが。

で、これは対岸の火事ではないので、この流れは近い将来、JAにも必ず来ます。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2018/01/17

トリオ70周年おめでとう!!、ARRL DXコンテストの楯ドネーション

わたしはARRL DXの優勝楯を3枚持っています。

いずれもマルチオペのものですが、そのうち2枚は、




WD6DJY、ケンウッドアメリカ・エンプロイーARCからの贈り物です。

この倶楽部、現在もAE6P局が免許を保持しており、2000年初頭までは活動なされていたようですが、みなさん今はどうしておられるのやら。


で、日本では、

<70台限定生産、ケンウッド設立70周年記念モデル>JVCケンウッド、「TS-590SG70」の“予約キャンセル分”10台を特典付きで限定販売!!・・・ハムライフ.jp

ちょっと需要予測を誤りましたか?、な時節、じゃあこの楯の恩返しに、個人的に、「ケンウッド70周年おめでとう!」楯を、知らない誰かに贈呈しようと思ったわけです。


ARRLには、Plaques and Awardsっていう、誰でもARRLの各種コンテストプラークスポンサーになれる制度がありまして、1枚75ドルです。

その部門リストで、ARRL DXコンテスト2017のUnsponsoredなところ、なにか良さそうな部門、ないかなー?って見ると、

Japan Single Operator Combined Scoreなんていうのも目に入るわけですが、JAからJAに贈っても意味が無い。

ということで、向こう側へお返しにW/VE 7MHz Combinedっていうのに申し込みました。

担当のW9JJ局によると、文言は何でも書けるようで、「だったら Kenwood 70th Anniversary / JF2IWL」 が良いんじゃないの?、っていうサジェスチョンを頂戴しましたのでそうしました。

そして無事、該当のW4の局に発送されたそうで。

貰ったそのひとがKenwoodマニアなら良いですけど、もしアイコムやヤエスファンだったら、「 ケンウッドおめでとう!楯」なんて、ほとんどイヤガラセにも近いですが、まあそこはそれ。

そういうことで、TS-520Vで中学生の開局以来、常にコンテストで勝たせてくれた、トリオケンウッドさまへの返礼が、ちょうど30年越しでできました。


しかしケンウッド社、





まーだこんな公式マニュアルが置いてあるし。要求だけは一人前なクセにカネ払わないノスタルユーザなんか切り捨てちまえば良いのに。

70周年を機にTS-890を望む声も多いようですが、私の40年前の開局のTS-520Vが当時12万円、いま使っているTS-590も実売12万程度じゃ開発のしようもないでしょうが。

そういう一般的社会経済のしくみ、懐古することしかできないお年寄りの皆さん、解ってらっしゃるのかしら?

↑ブログトップページへ

2018/01/16

寒い国から来たアワード (ARCKスプリント、R-CW-C、おまけふたつ)

ロシヤから賞状が届きました。





R-CW-C、4シーズンズコンテストにちゃんと4回全部出たで賞

メンバー・ハイパワー部門で31位。

左の春から右の冬までの、文字通り四季をなだらかにデザインし、木漏れ日が右から注ぐ、ゴージャスながら、毎度センスあふれるデザインです。



・・・そして意外にもこれだ!!





ARCK・クリスタル倶楽部スプリント美女アワード

全部ラスなのに、なんでもらえたかなー?っていうと、「オールバンド・ハイパワー、10回のうち6回以上出た部門」(ややこしい)中、JAで1位だったのでした。


そして先日、すっかりなつかれたARCKさまから、まーたお誘いのメールが届きまして、

Dear Japanese Amateurs!
Offer You to take part in the competition ARCK MARATHON 2018!
This will allow You to perform some diplomas that you can download for free at: http://arck.hamlog.ru/diplom/

へー、っていうんで、まあマラソンは出ないけど、リンクのハムログ.ルーを覗いてみますとARCK発行だけで何十ものアワードが、、。

これ一括してチェックできへんのか?、と文句垂れつつ、えらい思いして全部をチェックしてみたところ、ふたつもらえまして、

おまけ



ARCKの例に漏れず、また端っこに日本製リグとベンチャのパドルが置いてあるやつ。

また、





これは知多市?とかいうところの市制165周年アワードらしいのですが、どこそれ?、と、イキペデアで見たところ、国境の町、ちょうど100年前の1918年に日本軍が占領、だが2年で赤軍に奪還され、

戦後は抑留者のひとたちが寒さと餓えの中でシベリア鉄道を敷設していたところでした。


ARCKスプリントコンテストについては、今後の希望はすでにこのブログで書いたので、RW0UM、Nick親分さんには謝辞だけを伝えましたが、Peace to the world と記載してある通りに、今後はこのやうな戦禍の起ることの無きよう、恒久の世界平和を切に祈念いたします。

↑ブログトップページへ

2018/01/15

近年のインドネシア情勢と日本との関係、およびYBDXコンテストについて

インドネシアっていうと、バラエティ番組で暴言を吐くデヴィ夫人しか思い浮かばないわれわれ日本人ですが(そんなやつは居ないか)、

じつは今年は、

「日本インドネシア国交樹立60周年」記念事業の募集 ・・・外務省(平成29年12月15日)

ということらしく、暮れには、




こちら日本政府ご一行様も訪問なされているようで、情勢不安定な国ではあるが、いろいろな分野でがんばっているみたいだ。

とくにうちとしては天然ガス、これが近場から手に入るということもあり、私もささやかながら、インドネシアと日本の友好のために出ました。

といっても仕事なので昼の合間のすこしだけです。14メガは冬ノイズがひどかったですが。


SO-AB-HP

7QSOできて終えました。夜は7メガが盛んだったのでしょうけど夜なべ仕事もあったのであきらめました

で、



ログ早出し競争は栄誉の世界最速です。

このコンテスト、まだとっかかりでアクティブでは無いですが、JA国内同士もOKなWW形式、

ログはCabrillo電子ログのみ、提出はラクラクWebインターフェース、全員にPDF賞状がもらえる

、、と、現代の先進的世界標準にきちんと則っており非常に好感が持てる、とてもナイスなコンテストです。

今後のインドネシアの、つつがなきや友垣的に、益々盛んな発展を祈願しまして、昼飯食ってヒルネしました。

↑ブログトップページへ