このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

HF Doppler investigation by
HLL Seoul Meteorological Radio


IBP Beacon reception report
* Past Log ( Blogger )

Wind Beneath My Wings in JA
(View Propagation from JA)
【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2017/11/17

イタリア製のゲタを投入しました

、、、、。

寒いようー。



このひと月の自宅測定気温はこう。


ダダ下がり。

いよいよ冬の気圧配置、

昨日はみぞれも降りまして、スキマでスパコン3台を稼働させてたときにはその廃熱で真冬でもストーブ要らずだったんですけど冷温停止してしまひ寒い、

だが二重サッシュの密閉的現代建築での灯油ファンヒータは、一気に空気悪くなるし、水出してガラスがベショベショで家が痛むので、どうしたもんかなー?、

っていうところで、子供が赤ん坊だつたころ買ったのを思い出しまして引っ張り出してきました。

そのメードインイタリーなゲタのモデルは、



デロンギとかいうところのRadelっていうのです。

油冷式8パラ、300W+900W(?)の3切り替え=合計1.2kWのハイパワー出力です。

今でこそド田舎のホムセンでも安もんオイルヒータ売ってますけど、20年前は高かったけどデロンギしかなかったですね。

これをイスの横に置いて、では電源投入!!



、、、、

立ち上がりが遅いよう。。。



タマが暖まるまでの間、ハイパワーFF灯油ストーブのある暖かなリビングで過ごそうと思つても、そこにはテレビドラマをトカゲみてえな目で見てるのが居て、何しに来た?ってトカゲ目で言われるし、人生がつらい、生きている粗大ゴミです。

デロンギのWebサイト見ると、まずでかく出てくるのが「きになる電気代はおいくら?」っていうのですが、自分でもよほど気になるんでしょう。

スキマを止めた理由のひとつとして、毎月鬼みてえにして責められていたスパコンの電気代っていうのがあったわけですが、 代わりにこんなもん焚いちゃって、元の木阿弥ダブツとはこのことです。

古いゲタのこととて動作が心配なんで、サーモスタットやこまめな手動パワー切替のテスト稼働をしていますがオイルヒータ、ヘタにマイコン使ったスマートコントロールモノじゃないほうが良いでせうなあ。

↑ブログトップページへ

2017/11/16

第4回ARCKスプリント&CWOPS Mini-CWT(2017年11月第3週)

先週は用事で飛ばしましたが、また今週も、

・・・Dear colleagues!

なーんて呼びかけられたら参加せなあかんでしょうなー、

なつかれまして毎週マメにメールが届きます。ルールページでは賞状、最初はひとつだけだったのが3位まで、UA0ステーションが追加されました。

今回はつらくて逃げることの無いよう、がんばってちゃんと1時間出ました。

QSYルールの神経戦、つらかった。けどひさびさに真剣勝負、スリリングでおもしろかったです。


ALL Band High

やはりCQメインになってしまったこと、そして1VFO、かつ、瞬時にゲタ・アンテナが切り替えられない環境ではかなり機会損失しててこの程度、

さいしょ同志タバーリシチJA局が居らず、またスキップしており、ひとりぼっちかと焦りましたが、やがて出会えて安心しました。

JA局は、おそらく私含めて約5名、他方、周知が行き渡ってきたか、UA0の参加者は増えたようでした。
 

==
休む間もなく22JST、次のMini-CWTですが、ARCKでヘトヘトに疲れており、ご挨拶のみ、

HP-1Radio 10min.

10分でサヨナラしました。

今週のハイライトはN5AW、来年のWRTC2018参加者中の最高齢、お目出度い喜寿のMarvおじさんですが、3.5メガでカスカスに取ってもらって・・W?と返した次の瞬間理解、

パッとスローピングダイポールアレイをこっちに切り替えてくれてガン強、さすがキレる!

彼のポリシーはローパワーでハイパワーを負かすなのですが、近ごろの結果を見ると、さすがにこのCondxではハイパワー部門に鞍替えしたようです。

先週はビギナーさんのための、全員が20WPM以下の遅そセッションだったんですが、結果では上位局、100QSO/hくらいものレートでやっておられます。

↑ブログトップページへ

2017/11/15

だんだんヤマイ膏肓に入るになってきたHamSphere

わたしもいっとき、その可能性を試してみようと30日間無料お試しセットしたこともあるHamSphereですが、

Experimenting with HamSphere 4.0 modular design. You can build really versatile virtual Ham Radio rigs in this way. This design is using three different stacked heights/handles. Get your plug-in modules from the HamSphere 4.0 Shop.

ってんで、


こりゃスゲー。

ではWebサイトを見てみます。

160mbのフルサイズ7エレクワッドとかはまあ良いですが無料アイテム、 Space Invaders 216x216

Remember this old classic from 1978? Space Invaders is one of the most addicting games that was ever made. Whilst waiting for your favorite DX, compete with your fellow Ham Radio friends. Try to make it on the High Score list.


ってなにかなあ?これ。

DXを待ってる間のヒマ潰しにこれを持ってきたところに妙味がありますが、

これの主宰者、5B4AIT、Kellyはおそらくわたしと同年代、子供のころの寒いスエーデンでもインベーダーゲームに填まってたんでしょう。

かれはさむいくにから来たゆだやびとの特徴としてきわめて粘り強い。

いまはVoIP通信、ワイヤーズとかエコーリンクとか、タダのモシモシですが、いずれ近い将来、地球シミュレータHamSphereが必ず台頭してきて皆がそこでコンテストやDXCCを競うことになる、

わたしはそう信じています。


、、が、ワイヤーズといっしょ、現実にはボケのおっさんの溜まり場になるだけでしょうが。

技術的には可能なんでしょうけど環境が悪いです。モールスランナーでVRコンテストやってるくらいがせいぜいかも。

↑ブログトップページへ

2017/11/14

高周波活性オーロラ発生装置・HAARPで遊ぼう!アマチュア無線プロジェクト

Scientists in Alaska Attempt to Produce Artificial Aurora・・・IEEEのニュース?

先の衆院選では、


海を越えて遠くアラスカから電波を打ちこんで気象攪乱、

こちら日本で巨大台風を発生させ、自民を圧勝に導いたアラスカの気象地震兵器・HAARPですが、これ民間に払い下げられて、利用料、いったいオカネどれくらいなのかなー?、

っていうのがやっとでわかりまして、

It’s actually a giant phased array radio transmitter capable of sending 3.6 megawatts of energy into the ionosphere. Running an experiment there costs about US $5,000 and burns 600 gallons (roughly 2300 liters) of fuel per hour.

1時間5000ドルですか。こりゃまた良心的お手頃価格ですな。

これって送信機の発発のガソリン代実費程度なのでは?、っていうと、これでワザとオカルト陰謀論を撒き散らかしたりして捻出してるのではないか。


今回の実験ではSSTVを使ったようで、




アラスカ大の若き俊英、KL3WX助教が大学のロゴを送ってみたり、ビットコインのQRコード送ってみたり、いろいろ遊んでたようですが、

Jeff Dumps, an amateur radio enthusiast from Fairbanks, recently paid $1,200 to run a 15-minute experiment on HAARP. He was trying to simulate the Luxembourg effect,

たぶん15分単位でレンタルできるようで、1200ドル払ってルクセンブルグ効果ごっこ、楽しそう。

パワーがたったの3.6メガワットといまいちQRPなのが難点ですが、10秒で良いので、月に向かって吠えて電離層をぶち破り、アレシボ電波望遠鏡で受信、

3.5MHzでのEME遊び、なんていうの、いちどはやってみたいものです。

↑ブログトップページへ

2017/11/13

OK-OM DX CWコンテスト、JIDX Ph、その光と陰について

週末のコンテストはー?、と見ますと、、、



暴発。

CQ-ウエスタンエレクトリックってこっちで言うとNTTコンテストみたいなもんか。

暮れのWAE DC RTTY恒例行事、海外MLでは、「QTCが受信できないよー!」の叫びがこだましていました。N1MMの仕様変更が原因らしい。

ともあれ今回は、JIDXをUSリモーツから、

そして我が家がたいそうお世話になってる(OMパワーにではない)、OK-OM DXには自宅からお愛想で出ることにしました。

==
JIDXコンテスト Ph

去年、アメリカW6から出た結果を見ますと、


わかっちゃいたけど、USA Zone3の7メガ部門、K6XXに負けていました。

今回は西海岸からは3.8メガがアナかなー、とJA局の結果見てみると、むかしは150QSOくらいできてたのにすつかり寂れてしまつていました。

空振りCQでカネがみるみる吸い取られるのは見えているので、去年は誰も出てないアメリカZone5から、朝の14メガです。

08JST過ぎ、Condx良くなったころを見計らい、満を持してニューヨークの4エレフルサイズ八木・500Wステーションに接続!、ズリズリとビームをJAに振ります。


、、が、JA局いません。自分のエコーは自宅で取れるのでふつうにCondx開いてるはずですがCQ出しても呼ばれず、さんざん探しまくってJA局と5QSOできて73です。

ND1R 14H @ Quaker Hill NY

良く届いているレポートもらいましたが、「人が居らんねー」っていう話をしました。

これは、対、国&地域コンテストが無理になってきたことと併せて、前から一貫して述べてきたように、同じくヘロヘロに制度疲労してしまっているALLアジア、

また、誰も出たくない全市全郡も包含してしまつてのオセアニアDXと、お日柄も良い体育の日に共催、

KH6までをも含めた、我らアジア・環太平洋地域が世界の覇権を握る野望のコンテストとして再出発することを強く祈願します。

==
OK-OM DX CW

こっちは夕方から。

これも地域対世界コンテストですが、まだしも賑やかです。

というのはお誘いメールも送ってきてくれるし、CWだから主催国もたくさん居るし、出たいと思わせるコンテストです。

ですのでCWコンテスタなJA各局が呼ぶ場面もよく見かけました。Condxはそこそこ、約20分で終えました。

JF2IWL 20M-HP

兼好法師的ズレズレ隠遁生活な中でも、わずかですが、こうやって世界とつながりを持っておくことは大事であることをおもいました。

↑ブログトップページへ

2017/11/12

【決定版】 K6UDA Bobおじさんに学ぶ、モアベターコンテスターへの道、必勝法

このごろもっぱら海外アマチュアビデオ探訪をしていますが、ヘボオペばかりな中で、良いコンテストオペレータになる決定版をやっとで見つけました、これでキマリ、!です。





カリホルニアの加藤一二三九段、K6UDA・Bobおじさんの、先に行われたCQPでの実践ビデオです。


初手、自己紹介で、「オケージョナルコンテスタ」って自分で書いてるのが、ちゃんと自分の立ち位置が解って居られて奥ゆかしいです。


で、実戦、まず第1に挙げられるのは自分でも言ってますが机がゴチャゴチャ。

次、キーボードタイプがぜんぜん追っつかない、途中でブハー、水タバコ(?)ふかす、オレゴンのオバハンの上からCQ被せてしまい互いに昼メシの話をしてしまう、

友達のおっさんが呼んでくるとムダ話をする、オペが異様に遅い、そして夜はワイフが怖い、、


 、、以下、アマチュア無線コンテストの醍醐味を余すところなく表現して間然するところがありません。


だがここで最重要なのはラスト、コンテストとは非常通信含むナイスオペになるためのとても良い訓練であることを、ビギナーにも解るよう、言い含めるように、ゆっくり、きちんと述べていることです。

この映像の切取りかた、このひとアタマ良いでしょうね。ボケを噛ましておいての、その眼に潜む知性の光を見逃してはなりません。

あのあたりで日常よく見られる、CAリベラルなおっちゃんなのでしょう。


いっぽう、


これは同じくBobおじさんのワイフ(ただしテレビワイフ)、KK6HSK、ウェンディのレビューですが

ゴチャゴチャのKX-3セットとIC-7300の比較印象を語らせてウエンディはエレクラをDisりまくり。IC-7300のデザインってやっぱ女性から見て美しいんでしょう。とくにきらきらライン。

このビデオで明らかにされたように、IC-7300をエレクラで実現しようとすれば、倍の30万円くらいも掛かるわけです。

こんなの見させられると、即座にIC-7300とMFJのチューナとアイソレータとモーターホームビークルとカリホルニアねーちゃんをセットで買ってしまいたくなります。

その他Bobおじさん、パツキンのダニエルなど幾人かの手持ちがありますが、これら、ひょっとしてアイコムの隠し球なのかも。

↑ブログトップページへ

2017/11/11

ARRLが2018年・年間グリッドチェイスアワード祭り

すでに茶人となつて和敬清寂、サントリーヤマザキに在るといふ、たつた二畳の茶室に籠もり、

昔みたいに、「W1AWが、ウエストヴァージニアでたー!!」などと騒ぎちらかすことはやらないですが、茶心の理解できない紅毛人のARRLは性懲りもなくやらかしていました。


Announcing: The ARRL International Grid Chase!・・・ARRL



こらこら、インターナショナルと言いながら、地球上に南北アメリカしか無いことになってるし。

「んポタの成功を受けて」、って書いてあることからして、移動運用と衛星、いま流行りのこのふたつの微細因子をドライブ増幅してアマチュアさんの存在意義を高めるためのアクティビティなんでしょう。

他方ではARRL、

Lower International Shipping Rates for Ham Radio Books

なーんて、ぼくたち海外のよい子たちの取り込みにも熱心なようですが、

ヲーウェルの1984年的に言うと、われわれイースタチアの住民を懐柔するには、紙のNCJをロハで送ってくれるくらいやって呉れないと、そっちにはぜんぜんなびきません。

ただシッポ振ってるだけの、バカのアベじゃないの。

↑ブログトップページへ

2017/11/10

有馬記念の準備に係るラジオニッケイ第1の停波によるHFD研究の一時停止について

SBスペクトラムで見ている、できない子のラジオニッケイ第1くん、9595kHzですが、このところ毎朝、



0650JSTに一瞬だけ起きるんですけど、すぐにまた寝てしまう。

また腹痛かよ、というので、ではお知らせを見てみます。

放送設備の保守・点検のため、下記の期間について、一部の周波数の放送を休止させていただきます。

といふことで、



このにほんごの理解できるひとはえらいと思います。

平日にメンテ、っていうことは、今どき株屋でRN1聞いてるひとも居ないんで、休日の競馬、

スマホでラジコでは遅延がひどくてやってられないとお嘆きのコアな殿方奥方、旧来の短波ラジオで聞いてるおっちゃんのためのライフライン確保なんでしょう。

そしていよいよ有馬記念、これは百億の桁のカネが動く、ぜったいに落馬してはならない場面に備えてタケトヨのごとくスタミナを温存、

ことしも暮れの風物詩、船橋では、イチかバチかでぶっ込んだ美しい紙吹雪が舞い散るクリスマスの光景が見られることと思います。

こちらも初の有馬記念、


このように実況アナウンサーの絶叫がフラッタまくりでこだまする、真冬のEスポを期待します。

↑ブログトップページへ

2017/11/09

第3回ARCKスプリント&CWOPS Mini-CWT(2017年11月第2週)

めったなことでは下界に降りないのですが未だ逸人にはなれず、

やむごとなき理由にて(トランプとド田舎埼玉でゴルフとかいう下男の雑用ではない)、義理が生じてしまひ、無念の飛ばしです。

だからおれは夜は外には出ないの!

==
月曜に送られてきた、第2回・ARCKスプリントの結果です。


15分くらいでバックレてしまつたので予想通りの部門ラスですが、、

表のいちばん下、せっかくよい子のBY局が2局参加しているのに、ルールで、「ログを提出しない局も参加局して扱われる。」とムチャ振りされてる上に、

「連携および乗算器からないカウントとしてポイント」、とDisられてしまつているのが第二回目にして案の定、早くも中ソ国境紛争勃発です。

ですが、場を読まずに、まさにBY局と交信してログってるのがUA0だったりして。

これ、「お人好しな露西亜人」として、まったく悪気はないんでしょうけどタチが悪いっていうのはそういうことです。

最初からWW形式にしておけば、みなで世界平和に居れたのに。


==
他方、なんちゅうか、さみしいトランプさんにすがれられて、互いに強固な絆を舐め合った日米同盟ですが、

Mini-CWT 2017年11月第1週の結果


わたしJF2IWLじゃなくて、コネチカットからアメリカ人、ND1Rのコールサインで出たんですけど、自分自身がアメリカからDisられていました。

==
今回得られた知見

これまで全方位、おべっか風見鶏外交でどうにかシノギ、綱渡りしてきましたが潮目は完全に変わり、

本年十一月朔日を以て、われら日本国自身が警察国家となつてしまひ、もう手の施しようもないことになりました。

ですので、こちらジャピャンアルプスのふもと、



おにぎり屋根のズラ~並ぶ異常な風景、

ブルーノ・タウトをして日本のスイスと言わしめたド山奥・飛騨山中に亡命、ハリネズミ永世中立国家として生きてゆくより他なさそうです。

とりあえずこっちとしては、カナメ石の国交相と総務相は押さえた。

↑ブログトップページへ

2017/11/08

IARU アマチュアバンド侵入者モニタステーションになりました

なりました、、って、勝手になれるんでしょうか。


IARU Monitoring System slides available・・・さうすげーとニューズ

Peter Jost HB9CET has created an excellent presentation about the structure and work of IARU Monitoring System (IARUMS) Region 1 which was given at Landshut 2017

ということですので、ではそのズライドを見てみます。

http://www.iarums-r1.org/iarums/cet-la-2017.pdf

あっとビックリマークの連打、これは見本のような、ヒステリックに叫ぶスイスの人でした。よくできたスライドですが、スイス密告監視社会、住みにくそう。

で、モダナイズするには?ていうんで、とても興味を引いたのはこれです。





リアルタイムイントルーダーモニタ掲示板。

ではそのリンクに飛んで自分のコールサイン入れてログインしてみます。と、




このようにかんたんにログインできてしまひました。どこがモダナイズなんだか。

これはタダの私設掲示板なんでしょう、ディレクトリを登ってみるとサバの管理者はフィンランドのひとで、なんかBCL関連、モゾモゾやってるなあ。

Reg.1専用とか書いてないし誰でも報告できるっぽい。

あまり盛んではないですが、過去ログにはスライド作成者のHB9CET局も居られます。

いっぽうこちらド田舎Reg.3では、アマチュアバンドに大いに侵入してきたっていうと、こういうの。



これは見事に美しい瞬間を捉えた、P5ミサイル打ち上げ祭りの時、ハデにやらかしていたOTHレーダですが、

さてこれはBYなのかUA0なのか?、、、じつはこれの犯人はわれらJA、凸凹てんぷく国防軍だったりして、、

っていうのが解らなくて、その方向探査するためにスモールループの用意してたんですけどそれっきり、

買った材料はムダに終わっていました。が、

いまだにOTHパルス波は3.5メガアマチュアバンド内をウロウロしてますし、また、電波はリージョンとか関係無く飛んでいくのでスモールループでBCL、

本当は遠く離れた誰かと組んでヌル・三角測量すると良いんですけど、こちら極東から折に触れてイントルーダアートをキャプチャ、このブログの場でレポートしてゆきたいと考えてます。

スライドでは、「サポートしてくれえ!!」叫んでおられますが、あちらドシャメシャのReg.1では、そりゃヒステリーにもなろうということです。

↑ブログトップページへ

2017/11/07

スキマビーコン捕捉の解析結果・2017年10月

スキマでビーコン捕捉の2017年、10月の解析結果です(SH5コンテストアナライザによる)。

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2017/2017_ibp_ncdxf_beacon_skimmer_reception_2017_10_jf2iwl_s/index.htm

のべ捕捉回数は4,515回、平均して1日に150回ほど、これは先月の一日平均、100回よりも50パーも多い、

すなわち夏から秋になってお熱が下がり、Condx上がりました。

今月の捕捉カントリーは18ビーコン中の15ヶ、バンド内訳は、



ハイバンド戻しまして、先月には1回も取れなかった28メガも取れました。四分の三がVR2B/Bっていうのは変りないですが。


ではここで、グッスリ寝ててもSDRが勝手にやってくれるビーコンDXCCチャレンジはー、




お目出度くCS3B/B、JA2IGY/Bをゲットし、トップオナーロールまでYV5B/Bを残すのみ、

トータルでも41マス埋めと、ニッケイ株価トランプ祝儀相場のごとく、大幅に躍進しました。

スキマビーコンDXCCランキングではDJ9IE-#スキマと同率の世界2位です。

なお、その日のCondxをごく簡便に占うには、IBP/NCDXF・スキマビーコンチャレンジのページ

これの左の日報には、00Z、こちら朝09JSTを境に、その前24時間のスキマ捕捉データが出ますので、どのスキマが何カ所のビーコン、何回捕捉しているかを自分なりに覚えておくと解りやすいです。

JF2IWL-#でいうと、バカに良い日には10ヶのビーコンを200回とか取ってます。

↑ブログトップページへ

2017/11/06

CQ WW WPX CW コンテスト2017 その結果と賞状

世は3C、VK9M等でごった返す、低レベルな騒ぎを嗚呼玉杯的、栄華の巷を低く見てヘラヘラとネットサーヒンしてたら、正式結果・データベースに掲載されていました。

ではその結果はー!?



SA-160M-QRP部門、国内局と1QSO、1ポイントにて、JAで1位、アジア1位、世界5位、そして部門JAレコードを更新していました、

この1QSO1点プロジェクトでは、入賞なぞといふ俗世間の価値とはまったく無関係なのですが、我ながらお見事!


そして注目の世界歴代記録、



またしてもライヴァルのVA7IRが居ますが、歴代22局中のドンケツにて、世界最低記録を更新できました。

むかししょうがっこうの理科で習ったには温度というのは高いほうには、その方法さえあればいくらでも上げられるが、低いほうは絶対零度といふのが存在し、

マイナス273℃までしか下げることができないと聞いて、へー、なんでー?と思ったことがあります。

スコアも同様、上げるために2BSIQ手法など新手法が開発されて得点は上がっていますが、私はひととは逆、これからも絶対零度を追い求めます。

↑ブログトップページへ

2017/11/05

MFJおじさん、創業45周年おめでとう!!

MFJ Enterprises celebrates 45 years・・・地元新聞

STARKVILLE, MS
Hundreds of people were at McKee Park on Saturday to celebrate the 45th anniversary of a local business.

MFJ Enterprises is named after its founder and president, Martin F. Jue, who founded the company in 1972. It has grown from selling one product - a filtering device for radios - to making more pieces of ham radio equipment than any other radio company in the world.




MFJおじさん、お元気そうでなにより。これ、誰も話題にしてなかったですが、

だが、いったいにMFJというもの、メイドフロムジャンクとか、マザーXXXXジャンク等、さんざバカにされながらも、われわれオカネの足りないアマチュアさんに、どれだけ数多くのナイスアイテムを提供してくれたか、

またハイゲインやクッシュクラフト、アメトロ等(ファイヴシスターズ)、生かしてくれて、アマチュア界への貢献は計り知れないものがあります。

また、地元ミズーリやプエルトリコなどのオバチャンの雇用にも大いに寄与しているでしょう。

わたしがMFJおじさんから常に学ぶのはパクリ、

鋭敏な嗅覚、次から次へ何にでも手を出す、お高く止まってない、品数で勝負、そして見切りです。深追いしないんですな。

ビジネスに於いてネチネチネチネチとトロクサイよな見切りのつけられないやつは多い。Jueおじさんはニトリのおっさんと似ているところがあります。



必ずそのへんのボロガレージとか公園とかのカネ掛けずにイベントやるMFJ。ARRL会長のK5URが居るなあ。

このへんの背伸びしない商売も長生きの秘訣なのでしょう。

こっちからはお祝いできないですが、148ページものPDFカタログをダラダラと拝見しまして、

、、これは冊子を取り寄せて毎晩寝床で読むとスルメみたいに2年くらいは軽く楽しめるんですが、、、

45周年の慶賀の至りに存じます。

↑ブログトップページへ

2017/11/04

オール岐阜コンテストの結果発表が何とも言えない味わい深さに充ち満ちていることについて

第61回「ぎふ信長まつり」・・・岐阜市



岐阜駅前、ふるさとと歩む岐阜新聞の広告をバックにセンスあふれるナイス金ピカ信長像ですが、ことしはお目出度い、織田信長公、岐阜入りの450年記念だそうで、

だが焼きもの屋にとっての450年前って、ほんのつい最近なので、あの稲葉山城の合戦もそうたいした昔でもない。

で、支部大会も間近らしく、毎年なにかしらのネタを提供してくれるオール岐阜コンテストの結果も出ていました。

では、電子ログをわざわざ全部、紙に印刷して机の上が産卵まくり、それを丹念な目視にてチェックなさつて居られるオール岐阜コンテストの結果を見てみます。


第20回オール岐阜コンテストの結果(全結果)・・・JARL岐阜支部ブログ

その結果が、

コピー岐阜コンテスト最終結果-3.xlsx

ナマのエクセルファイル上げられてもなあ。語頭の「コピー」って何かなあ、Windowsだとふつうは語尾に「-コピー」がつくはずなんですが、

初手からネタが暴走していますが、ともあれ、開くの怖いので、ダウンロードしてウイルスチェキ、のちそのままPDF化しまして見てみます、と、


このときはスキマ動作を止めたくないのでQRP部門で出陣しましたが、



がんばって50QSOもやったのに負けていました。まあこれは参加することに意義があったので良しとしまして、この結果、主宰者コメントによると、

結果ファイルにタイプミスがありました。申し訳ありません。最終的な訂正版は最終結果をまとめて10月中旬ごろに発表します。

ってあのなー。

では訂正後のを探してみますと、

第20回オール岐阜コンテストの結果・・・JARL岐阜支部

原稿第20回オール岐阜コンテスト YNa7821brev1.txt

今度は生テキストファイルで上げてますが、ファイル名の雑さがなんとも言えない芸術的味わい深さです。ラスト文字列はなんかの暗号鍵でしょうか?

で、これは「原稿」っていうのはJARLニューズの秋号に入稿した原稿らしいのですが掲載されているのは入賞者だけです。すなわち入力ミスをやらかした全結果は訂正されてないままです。

・・・・ふつうは訂正版の全結果を再度上げると思うんだが、、。

常識の通じないひとたちだし、国内コンテストはもう出ないし、まあいいや。


だが今回のオール岐阜コンテストにおける最重要事項として、これのコンテスト規約にあるシングルオペの定義、「電話やネットなどでコンテストに関する情報をやり取りした場合」はダメですよ」、っていう規約、

自分が支部長のときに策定したルールを自ら侵してコンテスト中にツイッターでつぶやいていた、できない子のキコリ君ですが、

まーだCQ誌の国内コンテスタ担当やってる、育ちがなってない子のキコリ君におかれましてはちゃんと自らが支部大会に出頭、自首してお裁きを受けるように。

うちも大叔父ふたりが営林署勤めだったけど、官材を横流ししたり、ロクな連中じゃなかったね。

↑ブログトップページへ

2017/11/03

CW Freak 2017年10月の結果

、、、

目が見づらい。。


ますます進むド近眼とド老眼が追っつかなくなりメガネを新調してからといふもの、見るものすべてが微妙に歪んでる、

というのでキーボードや画面がいまいち調子がクルって、ついでに聴覚神経もやられてぜんぜんスコアが出せません。

と、そんな時にはこれを聴いて修行です。



これは何の修行かといいますと総勢9名編成のやかましいロックバンドライヴにおいて、ドラムとベースと第1エレキのハイパワービッグガン局のスプラッタで潰されまくり、

また左右からイヤらしく幅寄せしてくるシンセとエレピアノ、さらには第2エレキとサキソフォンが絡んでくるその真ん中で、

気の毒に、ものすごく必死でかき鳴らしているのにぜんぜん聞こえない報われてないアコギのアンチャンの音が聞き取れるで賞!?

っていう微弱通信テストなんですけど、歳食うと難聴で聞こえません。いやこれ取れるひと居ないんでは?

このひと別に居なくてもいいんじゃないでしょうか?っていうとフィル・スペクター的には音の壁の厚みが違ってくるんでせうなあ。

だがやっとで月末、この修行によりどうにか引き戻し、




ラスト130kポイント出せて一安心です。

10月は飯食うにも仕事するにも、慣れてないメガネで調子悪かった、常に軽い船酔い状態。

そんな中でCW Freakのような、きわめて微妙なことやってると神経やられるのであって、無理せずに、これ以上の深追いはやめました。

しばらく郷里にて逼塞です。

2017年10月の結果
2017/10/01 07:05:29,120939,56,JF2IWL
2017/10/04 10:45:23,117860,55,JF2IWL
2017/10/17 10:14:18,120076,53,JF2IWL
2017/10/17 10:30:53,118194,54,JF2IWL
2017/10/23 12:16:07,118255,53,JF2IWL
2017/10/23 12:19:01,114138,52,JF2IWL
2017/10/26 09:32:46,117892,53,JF2IWL
2017/10/26 11:26:14,125378,56,JF2IWL
2017/10/26 11:30:08,122105,54,JF2IWL
2017/10/26 11:32:21,117132,54,JF2IWL
2017/10/26 11:37:15,128151,56,JF2IWL
2017/10/26 13:31:01,111060,55,JF2IWL
2017/10/26 13:33:08,120562,56,JF2IWL
2017/10/26 14:29:05,122727,53,JF2IWL
2017/10/26 14:30:49,123007,55,JF2IWL
2017/10/27 11:04:53,135904,59,JF2IWL

↑ブログトップページへ

2017/11/02

第2回ARCKスプリント&CWOPS Mini-CWT(2017年11月第1週)

ARCKスプリントの2回目です。

まず7メガ、5分前にVVV TESTやってたらロシア側主宰、RW0UM局が呼んできまして再会を期す。で、21JST、CQから開始。

も、ぜんぜん呼ばれず3.5メガに降りまして、またCQから入るっていうグウタラ生活。

だがちっともよばれず。じつは全員がCQ出してるんじゃないのかー?状態、

ですので少しワチもしまして約15分、10QSOで終えました。


ALL Band High


日露友好にはちゃんとフルに出ないとダメなんで、次回はちゃんと呼び回りもしてネバツてみます。


==
次、22JSTからは逆方向、MiniCWTです。

11月1日をもちましてふたたび渡米、テレポーテーションしてコネクチカトから出ました、

が、先の大戦で負けこけた捲土重来を期すも、大日本帝國空軍の木製戦闘機にも近い1分9セントな安もんベアフット&ダイポールステーションにて、JAから出たと同様、こっちでも呼び負けまくり、

20分も掛かりまして8QSOで回線切って逃げました。


ND1R / Chaplin CT  , Low Power

多少カネはかかるけど、バンドは爆速なS9の強さでごった返し、楽しいことはたのしい、

アメリカから満足には出られないけど、K3のガワはポジション保持しておくために売らないでおこうと。


==先週の結果==
月曜にARCKスプリントの結果がRW0UMからjpg画像でおくられてきまひて、


栄誉の部門ラス引き。ちゃんとクロスチェキやってて、相手のNrを1局、N1MM自動入力、そのままで間違えたっぽい。


Mini-CWT 2017年10月第4週の結果


またしても10QSOマンが並ぶ中で、直下に自分のUSコールと長短点ひとつ違いなNG1Rっていう局が、、。これはW1QKステーションのコンテストコールらしい。

今回、確かに間違えられまして、まぎらわしいなあ。

↑ブログトップページへ